Googleドライブには大きく分けて2種類存在します。ひとつは個人向けのGoogleドライブでもう一方が法人向けに提供されるG suite内のアプリにあるGoogleドライブです。双方ともに費用が異なっています。今回はそれらの比較を行います。

個人向けgoogleドライブとは?

Googleドライブの個人向けは無料で利用することもできます。ただし、容量は15GBまでと制限があります。オンラインストレージの費用としては業界最安値クラスであり、有料課金であっても機能面では差が発生しません。つまり、容量をさほど使わない、という方には追加料金を払う必要はありません。

個人向けGoogleドライブの費用はどのくらい?

15GBでは足りないという場面が出てきたときに月額で追加料金を支払うことで容量を増やすことができます。Googleドライブの有料サービスは「Google One」と呼ばれます。料金は以下の通りです。

容量GoogleOneの価格(月額)
100GB¥250
200GB¥380
2TB¥1,300
10TB¥13,000
20TB¥26,000
30TB¥39,000

費用がかからない15GBとはどのくらいの容量か

15GBと聞くとどれくらい保存できるのか、なかなか想像しづらいものです。スマートフォンの写真であれば、約4000枚程度は保存することが可能です。エクセルやワードなどのデータしか保存しない、という方であっても15GBは使っても余るほどの容量といえます。写真や動画、音楽など多くの容量を必要としない限りでは容量不足を感じることはないでしょう。

法人向けGoogleドライブとは?

Googleドライブは個人だけでなく、法人で利用することもできます。法人で利用する場合はG suiteと呼ばれるビジネス向けのウェブアプリケーションサービス内に組み込まれています。G suiteに加入することでGoogleドライブ以外のGmailなどもビジネス向けのサービスを利用することができます。

法人向けGoogleドライブの費用とは?

形態BasicBusinessEnterprise備考
利用料金¥680¥1,360¥3,0001ユーザーあたり
容量制限30GB無制限無制限5ユーザー未満の場合は1ユーザーあたり1TB

法人向けのGoogleドライブはG suiteに申し込む必要があります。プランは主に3種類あり、それぞれ料金も異なります。Basicは容量が30GBの制限がありますが、月額680円で基本的な機能であるGmailやGoogleカレンダーを利用することができます。Basicでは容量が足りない、という場合には「Buisiness」があります。利用料金は月額1360円とBasicよりも高くなりますが、Googleドライブの容量の制限がなくなります(ただい5ユーザー未満の登録は一人1TBまで)。つまり、いくらでもデータが保存できる、ということになります。そしてもう一つ上のクラスが「enterprise」になります。「enterprise」は「business」と同じく容量は無制限となりますが、GmailやGoogleドライブに保存したデータを万が一紛失した際にも対応してもらえるデータ紛失防止サービスが付いてきます。会社の重要な情報や顧客情報などを誤って紛失してしまわない保険的な機能を持っているため、特に重要なデータを扱う方に向いているといえます。

Googleドライブが優れている点

G suiteは会社の規模などによって料金が変わらず、大企業から中小企業まで同じ料金で使うことができます。つまり、会社の規模に依存せず高品質のサービスを利用することができます。また、G suiteは3つの料金体系がありますが、「enterprise」は大企業向けのサービスといえるため、中小規模の企業であれば、「basic」や「business」がおすすめです。また、それらのコースのアップグレードダウングレードができるのも魅力です。例えば、最初は「basic」で利用していたが容量に不足を感じ、「business」にアップグレードする、といったことができます。

Googleドライブのデメリット

Googleドライブにもデメリットは存在します。まずはオンライン環境にいなければならないこと。オンラインストレージサービス全般に言える共通の弱点といえますが、Googleドライブももれなく当てはまります。ただし、Googleスプレッドシートやスライドなどは一部オフラインで編集することもできます。
次に挙げられるデメリットは、操作マニュアルが乏しいこと。G suiteに加入すれば最低限の取り扱い説明書はもらえますが、すべてがそこに書いてあるわけではなく、わからないことは適宜自分で調べる必要があります。会社で導入する場合、あまりパソコンやインターネットに慣れていない人だと、途中であきらめてしまう人もいるかもしれません。その点は社内で対応する必要がありますが、Googleドライブはメジャーはストレージサービスのため、検索すればかなり詳しい情報が出てきますし、ほとんど困ることはないでしょう。

まとめ

・Googleドライブは主に個人向けと法人向けがある
・それぞれ料金体系は個人向けは容量ごと、法人向けはサービス面で
差が生じる
・法人向けのGoogleドライブはG suite内に含まれるサービスで会社の規模に
 関係なく等しい料金とサービスを利用できる